無料
ハンドメイドルアー テスト釣り記録34 | ハンドメイドルアー seven2studio BLOG
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト2006年ハンドメイドルアー 釣り記録  »  ハンドメイドルアー テスト釣り記録34
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年10月19日

天気:曇り
気温:寒い!
風:強い
水温:6度
貯水率:23%

人造湖の岩魚釣り&プレゼントルアー最終調整200610191535000.jpg
春に来て以来の大雪山に作られた人造湖。太古の昔には火山活動によって作られた天然の【古大雪湖】なるものがあったという。なるほど前後の地形を見ているとうなずけるが、その頃の湖には一体どんな魚がいたのだろう?エゾシカを丸呑みにしたり、川を塞き止めるイワナがいたのかとか
、そんな事を考えながらすっかり紅葉した山々を眺めつつ道を急ぐ。標高が上がるにつれて紅葉が終わり葉を落とした木々が目立つようになる。

ダムサイトから湖を眺めると、泥濁りの水が下流の濁りの原因であることが分かり、今後下流域の釣りをするにはこのダムの放水状況によって釣りが出来るか否かの分かれ道のようである。水位は目的のポイントではちょうど良い位でいつものパーキングポイントを目指すが、荒れた道ゆえ慎重に進むとそこにはダムサイトとは違い良い色の水が待っていた。

今日の目的は川の状況が良くなく、延び延びになっていたプレゼントルアーの最終調整が主なのだが、やはりこの水を見ると釣りモードになってしまい、プレゼントと同じルアーを一番最初に結んでしまった。数年間通いつめたこのダム湖、調子の良い時は一日で2桁は当たり前だったが最近は型が出なくなった気がしていたが、最初に来たのは30cmのアメマス。

200610191437000.jpg


産卵後なのかやはりこの時期や春に釣れるここのアメマスは痩せている。このダム湖には他にワカサギなどの餌に成る小魚が生息しておらず、主食は昆虫類らしいのでそれも無理もないのだ。まんざら活性も悪くはないようで、ルアーの調整中もチェイスがあったりヒットしたりもする。やはりこの水位の時はこのポイントが釣りやすく、五年くらい前に通っていた頃の感覚が蘇ってくるが当時は既製品のディープダイバーやスプーンを使っており、ハンドメイドルアーで本格的に攻めるのは春以来二度目。フローティングメインのバルサミノーと、当時頻繁に使っていたシュガーディープ9cmサスペンドではやはりアピールのさせ方に一工夫しなければ成らないようだ。本格的なディープダイバーであれば、スロー引きがセオリーのこのダム湖では大変重宝したものだが、今日持ってきているのはプレゼントルアーと普段使用している6cmのフローティングやシンキング。底狙いをしたいのだが、6cmのノーマルなシンキングでは底には到底届かず苦戦するが、風により波立った湖面がスッと鏡のように静けさを取り戻すと、方々でライズリングが広がりトップで狙うという考えがふと浮かび試しに、6.5cmフローティングを水面下でもぞもぞと演出してやると案の定ヒット。

200610191611000_2.jpg


痩せてはいるものの以外にパワーがあって楽しい。再び風が吹き出すとこの作戦は通用しなくなり
釣れなくなると、今度は超速で引いてみたりしたがやはり反応もなく次の静寂を待つ。すっかり辺りも暗くなりはじめヒグマの生息地であるこの周辺は無気味な雰囲気を漂い始めさせる。背中に視線を感じ振り返ると、エゾシカの群がこっちを見ている。すっかり泥が堆積したこのインレットにはエゾシカの足跡や糞があちらこちらに目立つのであるが、彼等がこの周辺にいるのならばきっと今日はヒグマは出てこないだろうとやや安心していると、再び湖面が鏡のようになった。今度は6.5cmフローティングのイワナカラーを先ほどと同じ戦術で演出すると今日最大の38cmのイワナ
が体中にラインの痕を着けながらあがってきた。

200610191644001.jpg


2時間少々で6本出たので満足して家路を急ぐ。日増しに水位を落としていき、湖面もいち早く凍り付くこのダム湖で今年はもう釣りを出来ることはなかもしれないが、チャンスがあれば再び訪れ
太古の昔からこの地に生息するイワナ達を再び釣りたいものだ。
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
新リンクのお知らせ
NEW Topics
うすうす君 活躍してます
やっとこ
自分で使うシングルフックは
トレブルフックなのかシングルフックなのか
リップ付けも完了して
seven2studo のWEB SITE 開設しました
今回は3色塗ってます。
'14 なまらフローティングミノー F1-50
2014年ハンドメイドルアー 釣り記録 その2〜3
13-14 【うすうす君】Model Bシリーズ 水中ムービー
Comment
398
こんばんは♪
こんばんは♪
プレゼントルアーの最終調整、お疲れ様でしたー
悠久の昔の古大雪湖… なにやらロマンを感じますv-352

ところで、初めて見ました! アメマス!!
あまりの珍しさ加減に、旦那様にも自慢しときました

そうそう、北海道では平地でも雪になるご様子v-276
お布団は〇〇〇まで掛けてお休み下さいね~♪

399
あれま~o(-o-;)o
何処かは詳しく知りませんが、
すっかり干上がっちゃってますね・・・。
うちの近くにも大きな人造湖がありますが、
これが何故か、水位が下がると釣れる様になるのです。
ブラックバスですが・・・。
私はもうバス釣りは卒業して、バス用のルアーもトラウト用に転用しちゃってますw
トラウト用といえばクラピー!何故かよく釣れるんですよねw

400
追伸
興味深いブログなので、リンクに加えさせて貰っていいでしょうか?
いや、加えさせていただきますw

401
いらっしゃいませ、きょんたさん♪
かなりロマンがありますね~、

・・・【カムイミンタラ】神々の遊ぶ庭・・・

その昔、アイヌ民族の人々がそう呼んだ大雪山を水源とした川を塞き止めてあったであろう古大雪湖・・・う~ん、タイムマシーンがあったら是非とも行ってみたい場所の一つです。

ちょっと前までルアーのカラーリングをしていたら、白鳥たちが自宅上空を南に向かって飛んでいきました。彼等がこの近辺を飛んでいくと、ほぼ間違いなく初雪が降るのです。

いらっしゃいませ、ぶるうぢぇいさん♪
バス釣りの番組を見ていていつも思うのは、
皆さんテクニックがありますよね~。キャスティングからロッドワークまでお見事です。

このダム湖のこの水位は僕のお気に入りなんです、ひじょうにポイントが分かりやすくなって。この状態だと完全な止水ではなく、川の釣りの感覚で出来るのも魅力です。

こちらもリンクさせていただきます。よろしくおねがいします。

402
寒くなりましたね。
この頃いっきに寒くなりましたね。道東・道北の峠では雪も降ったようですし・・。
そろそろキャスティングしたルアーが水面を『コンコン』と弾んで『あれまー、薄氷張っていたのね?v-12』という季節です。人間には辛い季節となりました。
でも支笏湖のトラウトさん達も益々元気になっておりますよ。
大雪の方はもっと寒いと思いますが、とても気持よさそうです~v-102時間で6本も羨ましいかぎりですし。私も良い釣りをしてきます。

403
いらっしゃいませ、kumakumaさん♪
今日は朱鞠内湖では雪がちらついていたようですよ。大雪辺りは結氷したかもしれませんね。気持ち良いというよりは山から吹き下ろす強風にかなり頭を冷やされました、寒すぎです~
いよいよシーズン閉幕までのカウントダウンが始まった気がしますが、遂にプレゼントルアーが完成しましたので今週中にも発送しておきます。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

720スタヂヲ

Author:720スタヂヲ
Hand Made Lure For Trout!
北海道発(^-^)

ハンドメイドルアーseven2studio WEB SITE
seven2studio SHOP
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近のトラックバック

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。