無料
ハンドメイドルアー テスト釣り記録40 | ハンドメイドルアー seven2studio BLOG
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト2006年ハンドメイドルアー 釣り記録  »  ハンドメイドルアー テスト釣り記録40
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
200611161144000.jpg


2006年11月16日

天気:曇り
気温:4度(最高)
風:ほぼなし
水温:5.6度
水位:88.87m
濁度:3

最高!!いかに!
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ

にほんブログ村 トラコミュ 本流釣りへ
本流釣り

さて、昨夜は大バラシを演じてしまってすっかりバラシ癖が付いてしまったものだと意気消沈気味だったのですが、何故バラしたのかを寝ながら考えていました。結果初夏から秋の入り口までは5.6ftロッドでナイロン4~5lbライン、リールは1000番のウルトラライトな釣りを展開しているので、この頃の7.6ftロッドで12lbファイアーライン、リールが3000番と言う自分としてはハードな釣りに体が対応していないのではないか!?との結論に至りました。思えば以前ファイアーライン一辺倒で釣りをしていた時は、ドラグも緩めにしておいてヒットしてから速攻できつめるという技で何とか伸びのほぼないラインでも弾かせない工夫をしていたものでした。昨日の場合ドラグはややきつくなっており、魚の体に巻き付いたラインのせいもありフックにも無理がかかり伸びやすい状況であったのかな?と反省しておりました。昨日の記録の写真を見てもそれ程伸びている感じはしないかも知れませんが、フックを重ねて見ると結構なものでした。

そして今日は午後1時からのシフト、外は雪がちらつく天気ではありますがネットで川の状況をチェックすると水温も5度前後、風もないので二時間は出来ると睨んでいざ出動!現地には10時に着です。今日も短時間の釣りなのでポイントを絞り込み上下流15m程のスポット攻撃です。15mといっても川幅もあり以外と遠目に見た印象よりは複雑な流れなのです。そして今日もルアーを3本に絞り込みいざ川に立ちます。先ほどまでちらついていた雪もやみ晴れ間が所々覗いています。そして昨日よりは濁りも取れています。

まずは、9cmフローティング 銀黒腹オレンジのスリムミノーをチョイスして手前の淀みから奥の流芯までを広範囲に探ります。そして今日も数投目に来ました!

一瞬根掛かりか?と今日は考えず速攻でアワセを入れるとゴババー!っと水面を割ったのは昨日程ではないですがナイスなアメマスのようです。手前の駆け上がりが最初の難関だと思い慎重に寄せますがさすがは大河川のアメマス、なかなか寄ってきません。ジジィーと鳴るドラグ音を確かめつつロッドパワーとのバランスを考え寄せます。今日は絶対にバラス事は出来ないのです。なんとか手前まで寄せて無事躊躇なく直径50cmネットに捕獲!ナイスな北海道が誇るべきネイティブのメスアメマスです!

200611161015001_2.jpg


サイズを測ってみると何とか50cmはあります。それに結構幅もあり流石野生を感じます。

200611161014001_2.jpg


きっとどこかの支流で産卵してきたのでしょうね。

200611161031000_2.jpg


久々にNikonF100で撮影してリリース。うんうん、昨日程ではなかったですがナイスなファイトを楽しませてくれてありがとう!

寒さもふっ飛び再び流れにウエーディングします。今度は昨日の8cmフローティング・イワナミノーです。しかし何事も無かったように戻ってきます。徐々に10m程釣り下り流れが緩くなってきました。底は砂地の様ですが流れのヨレ具合からそれなりに変化はありそうです。それに水深もそこそこありそうなので先日紹介した9cmユグイ・ディープの登場です。風もないので一直線に姿勢を
崩さず気持ち良く飛んで行きます。

数投して何度かこつんと何かがアタッた感触があり、それが魚の反応ならば多分活性はそれほど高くはないはずとゆっくり目で大きくジャーク&ポーズで巻いてくると、ググンと来たかと思ったら再び水面が炸裂、と同時くらいにドラグを鳴らしながらラインが出て行きます!一本獲った後なので幾分緊張もほぐれやや余裕もありますが、油断は禁物。アメマスはライン巻き付け作戦を持っているので、昨日同様それにやられるとまたバラしてしまいます。何とかやり取りしてネットイン!今度のは風格すら漂ってくる雄のアメマス52cmでした。

200611161144001_2.jpg


格好の良い鼻の曲がった雄です。

200611161138000_2.jpg


イワナでしょうか?アメマスでしょうか?

200611161147000_2.jpg


最近の不調を考えると、自己記録には至らないものの野性味溢れるガッツなアメマスに感謝!対岸に人がいたようですが、嬉しさのあまりに「ううぉ~!!!やった~!!!!」と叫んでしまいました。再び写真をじっくり撮りリリース。速攻で流れに帰って行きました。

それにしても9月10月と全く釣れなかったわけでは無かったのですが、明らかに50オーバーの魚を5本程バラしていたのでこの二本で何とかスランプは脱出したのでしょうか?昨日バラした凄い奴に近いサイズもここにはまだいるでしょうし、水温1度になるまでは魚は釣れるはず。【Troutist トラウティスト】で見た本波幸一さんの釣った70オーバー、北海道のアメマスのような凄い奴を釣るまでは諦めてはいけないのです。

ps.信じる者は救われるのです、きっと。
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
ハンドメイドルアー テスト釣り記録41
NEW Topics
うすうす君 活躍してます
やっとこ
自分で使うシングルフックは
トレブルフックなのかシングルフックなのか
リップ付けも完了して
seven2studo のWEB SITE 開設しました
今回は3色塗ってます。
'14 なまらフローティングミノー F1-50
2014年ハンドメイドルアー 釣り記録 その2〜3
13-14 【うすうす君】Model Bシリーズ 水中ムービー
Entry TAG
アメマス   ハンドメイドルアー   ミノー   北海道  
Comment
469
やりましたね!
すんばらしいサイズのアメマスちゃんじゃないですか!羨ましいぞ、コノコノ~
大型がバイトしてきて、ドラグが鳴きまくる時って最高に楽しいですよネ!
こっちではアメマス(方言?でアマゴと呼びます)が釣れるのは、奈良県南部くらいです。
いつも行く湖では、殆どレインボーですね。あと岩魚ちゃん、極稀にジャガートラウトとか。
50cm越えを2本、それも2時間以内に!45cmならやった事はありますがw
条件の非常に良かった時、45cm~を連続で16本、というのが今までの記録ですが、その時でさえ50オーバーは7本だけでしたよ^^
それと写真から推測すると、720studioさんの使っておられるランディングネット、恐らくは私の物と同じだとおもいますにょ。
ちなみにしょっちゅう釣りを共にする私の相棒は、同じネットのフレームが黒い奴を使ってます。
でもって、今私のミディアムライトの7ftロッドに着けているリールはEXIST2508ですが、コイツではまだ50cmオーバー釣ってません。

470
ふむふむ、お見事!
いい顔してますなぁ~。

472
凄いですねぇ、多分フックひん曲げた奴はもっとデカかったんでしょうね。

以前行った川ではアメマス40本と爆釣したことがありました、時期は12月中旬だったと思います。
なぜか40cm台の集団でした。

ひょっとしたらこの河川は50cm台と60cm台の集団が居るのではないでしょうか?
と、勝手に推測しますが前回バラシタ場所近辺にまだ残っているような気がします・・・が・・・気のせいだったら御免なさい。


473
(。・ω・)ノ゙
おおーーー! すばらしいじゃないですかあ!!!
美しい柄とフォルムのヒレピンのアメマスさんv-229
養殖ものばかり見ている私には、とても眩しい~v-352
旦那様も『おー! いい顔だあ!』と感嘆の声を
あげておりました♪
そうそう渓流のオスお魚さんは、格好良く鼻が曲がり
アゴが強そうな程、メスにもてるのだとか
そう考えると、きっとこのアメマスさんもブイブイ
言わせたんでしょうね~v-344

474
おめでとうございます!ごついアメですね。しかし釣りの組み立てと冷静な分析、頭が下がる思いです。僕も見習わなければなりませんね。でも水温1℃はちょっとした罰ゲームですよ!

475
●いらっしゃいませ、ぶるぅぢぇいさん♪
羨ましいですか?ふへへへへうへ~
にしても、45以上を16本も凄いですね~いつかそのポイント案内して下さい。ランディングネットはネット部分がコーティングされている奴ですよ。鰭が破けたりしないのは良いのですが、濡れるとベストが何やら汚れるのと、重たいのが難点です。

●いらしゃいませ、Tammyさん♪
Tammyさんの直感通り釣れましたよ、ユグイディープで。うふふふふ

●いらっしゃいませ、キンタロさん♪
こちらも凄いですね~アメマス40本爆釣!?東の方ですか?今通っている川は各支流からアメマスが集結しているのでしょうか?多分じきに消え去るような気がしますが、更なる大物目指して通うつもりです。

●いらっしゃいませ、きょんたさん♪
虹鱒も奇麗かもしれませんが、イワナの類も独特の美しさを持っているものです。兎に角野性味が滲み出ているのが特徴でしょうか?三平君が夜泣き谷で興奮するのがよくわかります。鼻曲がりは更に格好いいですよ!モテモテですね~。

●いらっしゃいませ、syakotanboyさん♪
冷静なのでしょうかね?時間がある時はかなり適当な釣りを展開していますよ。昨日は、前日の悔しさがあったので確実なところを狙ってみました。水温1度はリールとラインのシバレとの戦いですね~。体は正しいレイヤリングで何とかなりますが、こればっかりは・・・・

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

720スタヂヲ

Author:720スタヂヲ
Hand Made Lure For Trout!
北海道発(^-^)

ハンドメイドルアーseven2studio WEB SITE
seven2studio SHOP
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のトラックバック

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。