無料
本流バルサミノー その3 | ハンドメイドルアー seven2studio BLOG
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト本流バルサミノー  »  本流バルサミノー その3
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



秋深まる。

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
昨日、大河川に行って来た。ポイントを探りに行って来たのだが、これがかなりステージがデカイ。場所に依るだろうが結構な深場があったり、大岩がゴロゴロしていたり、どろ~んとゆったり流れたり・・・・・片道50km位を方々見て来たが、なかなかよろしいのだこれが。小渓流の釣りは自分の中では一番楽しく好きなのだが、この大河川の釣りと言うのもなかなか捨てがたいのだ。まぁそんなにイージーな釣りにはならないのだが、そこが魅力でもあり挑戦したくなるのだ。

今回も前回の続きで、ディープ・ダイバー編。そのものずばり、ディープゾーン直撃型ルアーなのだがシンキングミノーとの違いは、自分の場合シンキングミノーはアクションで誘う場合に有効で特にアップで使う場合が多い。それに対してディープ・ダイバーはダウンで使う。水温低下の時期にゆっくりルアーを見せて喰わせるイメージ。ロッドアクションはジャーク多用でポーズを取る。

昨年は【ユグイディープ】なる物を作って実際に11月にそれが大活躍もしたのだが、今期はまだ製作していない。もともと単なるシンキングとフローティングを作ったのだが、やはり球不足の苦肉の策でディープにした。ところがこれが調子良く大きなリップを装着したことで飛距離が心配だったのだが、シンキングはかなり飛んだ。多分年内は間に合わないが来春の為に今から仕込んでおくつもり。

それで昨年とは違うウエイトとフォルムを検討したいのだが、市販品を使っていた頃からディープに関してはサスペンドがお気に入りだった。よく使ったのはシュガーディープのサスペンド。これはかなり使い込んで、またバスディー社の売り上げにも貢献した(笑)  サスペンドの場合はジャーク&ポーズでその場にステイで喰う・・・・・そんなパターンが結構ハマる場合が、水温の低い時期には有効なことが多かった。そんなわけでディープもサスペンドは偶然に任せて、これもスローシンキングが飛ばす機能と泳ぎの両面を考えた場合望ましいのかな。

つづく
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
2007年ハンドメイドルアー テスト釣り記録その57
NEW Topics
うすうす君 活躍してます
やっとこ
自分で使うシングルフックは
トレブルフックなのかシングルフックなのか
リップ付けも完了して
seven2studo のWEB SITE 開設しました
今回は3色塗ってます。
'14 なまらフローティングミノー F1-50
2014年ハンドメイドルアー 釣り記録 その2〜3
13-14 【うすうす君】Model Bシリーズ 水中ムービー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

720スタヂヲ

Author:720スタヂヲ
Hand Made Lure For Trout!
北海道発(^-^)

ハンドメイドルアーseven2studio WEB SITE
seven2studio SHOP
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
最近のトラックバック

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。