無料
2007年ハンドメイドルアー テスト釣り記録その58 | ハンドメイドルアー seven2studio BLOG
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト2007年ハンドメイドルアー 釣り記録  »  2007年ハンドメイドルアー テスト釣り記録その58
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PA270036.jpg


2007年10月27日

天気:曇時々晴れ
気温:10℃
水温:8℃

いかがなものでしょう?いかに!

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
キャッチ&リリース。これはもう釣りの世界では定着している行為だと思う。自分も基本的にはリリースしている。ただ美味そうに魚が見えた場合は持ち帰り食する場合があるのだけど。こんな事は個人の考え方で良いのであって、まるで持ち帰るなというアドバイスはされたくないものだ。もっとも釣りをしている人間が全て釣った魚を持ち帰るのはいかがなものかとも思うけどね。綺麗な水に住む魚を持ち帰り美味しくいただく・・・・これは釣りの本質みたいなものだと思う。ただ内水面の釣り人口も多いので節操を持って食すれば良いのではないのでしょうか。

当然キャッチ&リリースを否定するつもりもない。それが非常に有効だとも思っている。実際に自分の場合、同じポイントで同じ魚を釣ったという経験をニ度程経験しているのだ。実例で言うと、昨年の7月か8月に釣った53cmのニジマスは前年の8月、同じポイントで同じ喰わせ方で釣ったニジマスなのだ。最初に釣った時は46cm。妙に見覚えのある魚体だと思い、写真を見比べてみたら腹の斑点が一緒だった(笑) もう一回はもうかなり前にほんの20日程の間に同じのを釣ったことがある。これも多分小さな時に釣られたようで、口に損傷がありすぐにそれとわかった。これはリリースが実際に成功した例ではあるが逆の場合もあった。

釣ってリリースをしたつもりで釣り上がった。数時間後にその釣った場所に戻ったら、川底にそのニジマスが沈んでいたのだ。それは持ち帰りチャンチャン焼きで食べてしまったが、美味かった(笑) その時はスプーンを深くのみ込まれていたので多分そのせいかもしれない。殺すつもりはなくても死んでしまう場合はあるのだ。そのままにして帰るのは偲びない。

早起きして出勤前の勝負。なじみのポイントにアメマス狙いでよたよた君70Dをキャストし続けた。前回よりは水位も落ち着いて水色も悪くはない。気温は昨日よりは高い様なので期待しながらゆっくりと底を這わすイメージで泳がせ釣り下る。不意に何かが引っ掛った様な感触があり、次に水面が割れた。まぁまぁのアメマスだろうと余裕で寄せて来ると、見えた魚体がそれより太かった。しかしあっという間に獲った。

PA270032.jpg


自己ホウライ君記録樹立の52cm。

PA270001.jpg


基本ほっそりしているけど、腹が出ていた(笑)

グローブを脱ぎ、なるべく水中から魚体が出ないようにエラに水が通るように、それなりに水の動きのある場所を選んで写真を撮る。魚が弱ってくると先ず目にそれが現れる気がする。いわゆる死んだ魚の目になって来るのだ。そして呼吸が弱くなって来る。そうなってくると自分は写真を撮らない。夏の暑い日に河原の石の上に魚体を置くのはもってのほか。最低限湿った場所に置くべきだろう。なるべくなら撮らないのが一番かもしれないけど。リリースする時は一人で泳ぎ出すまでお付き合いする。今日もこれ一本で満足して早々と帰宅する。

昨日もそうなのだが、途中で水に濁りが出て来た。多分雨は上流でも降っていないはずなので、ダムの放水だろう。当然水も少しだけ増えた様子で時折生活のゴミも流れて行く。もう少し環境が良ければもっと魚も増えるのだろうか?この川のニジマスを持ち帰る人も少なくはない。でも大型のニジマスやアメマスが自分にも釣れる位はいる。人為的な影響をもろに受けるこの本流にしたたかに生きている魚達。楽しんでいるのは人間で、食べようが逃がそうが痛い目にあっているのは魚達なのだ。罪は一緒かもね?
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
本流バルサミノー その4
NEW Topics
うすうす君 活躍してます
やっとこ
自分で使うシングルフックは
トレブルフックなのかシングルフックなのか
リップ付けも完了して
seven2studo のWEB SITE 開設しました
今回は3色塗ってます。
'14 なまらフローティングミノー F1-50
2014年ハンドメイドルアー 釣り記録 その2〜3
13-14 【うすうす君】Model Bシリーズ 水中ムービー
Comment
840
まだイケルかなぁ
先日はいろいろ情報ありがとうございます(笑)
今日は14時ころからダム湖でやって40クラス1匹でした。
これでニジマスから朱鞠内やブラウンにシフトしようと思っていましたが、良いホウライも見ちゃったし、なかなか止められません(笑)

841
●いらっしゃいませ、しまやんさん♪
いえいえ、こちらこそマンセーな情報沢山いただいていますのでマンセーでお願いします。
自分は今年は川一辺倒で終了しそうな気がします。ニジもまだ可能性は十分ありそうですし、何より夢中なのはアメマスなんですよ。あ~川を塞き止める位のが釣りたい(笑)

842
私もリリースしたお魚に再会したことがありますし、明らかに自分がリリースした魚が死んでいたことがあります。キャッチ&リリースの考え方には全く同感です。
それにしてもいつもの事ながら、良い流れに、良い魚、そして良い写真ですね。

843
●いらっしゃいませ、cassioさん♪
キャッチ&リリースは万能でもなく絶対ではない気がします。節操を持って魚と向き合えばそれで良いと思います。

良い流れなんですけど~結構臭いがします。

良い魚なんですけど~もう少しサイズが欲しかったです。

良い写真ですか?ありがとうございます♪

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

720スタヂヲ

Author:720スタヂヲ
Hand Made Lure For Trout!
北海道発(^-^)

ハンドメイドルアーseven2studio WEB SITE
seven2studio SHOP
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
最近のトラックバック

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。