無料
2008年ハンドメイドルアー  テスト釣り記録 その25 | ハンドメイドルアー seven2studio BLOG
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト2008年ハンドメイドルアー 釣り記録  »  2008年ハンドメイドルアー  テスト釣り記録 その25
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P5170057.jpg


2008年朱鞠内湖の釣りは、いかに!

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ

↑いつもポチィをありがとう。
朱鞠内湖。完成から60年以上も経っているけど、ここにはイトウをはじめ、サクラマス、アメマス、ワカサギや鯉、そしてユグイ様が豊富に生息。ここが初めてルアーで魚を釣った場所で、思い出深いと言うか感慨深い人造湖。最初の1~2年はルアーでまるで魚が釣れず、ここのユグイ様がそれを打開してくれたのだ。その後はそれでルアーを信用できる様になり、釣果が上がる様になったのだ。

それから数年後に朱鞠内湖の釣りと言うホームページを見付け、そこには朱鞠内湖を初めとして道北の釣りに関して書かれていた。当時は道北の釣りに関して書かれたホームページはあまり記憶になく、特に道北海岸での海雨、海桜に関しての日記はかなりエキサイティングな気がしたし、雪降る中での釣りも今の自分に影響を与えていて、毎日の様に更新を楽しみにしていたのだ。今日はその朱鞠内湖の釣りのしまやんさんと、初の朱鞠内ボートフィッシング。ボートフィッシングも初なのだ。

午前三時にしまやんさん宅へ到着すると、早朝に関わらずイタリア語で挨拶されたので、こちらもお返しにフランス語で挨拶する。正味一時間程しか睡眠していないのに、早くもハイテンションになり眠気はほとんどなし。おまけに朱鞠内湖は朝靄に包まれ、やたらと幻想的なのだ。ついつい期待してしまう。最高気温の予想は20℃以上ということでジャンバーを持って行くか迷っていたが、朝の気温は0℃で正解。これが更に正解の選択だったとは、この時は考えもしなかった。

早速しまやん号に乗り込み、出航!いや~寒いのなんのって、しまやんさん早速の釣果と、自分にもミノーを喰い損なった桜の魚信があり、船内沸き上がるも小便が急遽したくなり無理言って島に上陸。お礼にドラえもんの物真似をしてあげる。寒いのは体内に燃やす物がない為と、ベィビーチーズを食すと元気が出た。このところ快調のしまやんさんは、

「追って来た!」

「喰った!」

「ヒット!」

と高反応な様子だが、自分には先ほどの喰いそこねサクラマス以降は何もなしで寂しい。

P5170065.jpg


靄も次第に晴れて来て気温も上昇。未だにゴアウエーダーが修理から上がって来ておらず、しょうがなく履いているネオプレーンウエーダーの中はムレムレ。お尻が痒くなって来た。程なくイタリアに上陸。なんでも前日になかなか良い状況だったようで、期待してキャストを続けるが、一か所で粘れない性分故に次々に移動しながら叩いて行くと、活発な生体反応があるエリアを発見。ダイレクトにポイントと思われるモジャモジャを叩くと、あまりにダイレクトに決まり過ぎて枝によたよた君を引っ掛けてしまった。格好悪いのでボートで回収に行こうと、しまやんさんの元へ進むと、助けのしまやん号がやって来て無事に回収。それもしまやんさの見事なロッドさばきに依て回収されたのだ。

P5170068.jpg


流石は朱鞠内湖の主と言わざろう得ない。

それでは、しまやんさんのイトウ動画をど~ぞ~!






時間は既に10時を回っていただろうか。どうやら今時間はこのモジャモジャ周りが良い感じで、ユグイ様もミノーを追ってくるが、時折マス類の反応もあるよう。一流のモジャモジャ地帯へ到着。どうも気になっていたのは、よたよた君90mmの動き。追っては来るが喰わす事が出来ない。動きが大きいのでかなりアピールはしているはずなのだが、ひょっとして大きすぎるのではないかと、リップを削りフックを大きめに変えてみた。すると程なくしてイトウと思われる影が遂にピックアップ寸前に現れた。数投するとサイズはそうでもないもののアメマスがヒットして、ボート際でオートリリース。更に時間を空けてサクラがヒットのこれもオートリリース。フックが大きいのかな?しかしこの動きの差、今後のよたよた君開発に役立ちそうな予感がした。

さて時間も昼を過ぎて、流石に眠気が襲ってくる。次第に風も吹き始めて気温も下がった様に感じた。場所は送電線下界隈。空にはこれまた素晴らしい積乱雲が発達中。

「ヒョウが降るかもしれませんな」

「雷が鳴るかもしれませんな」

と、何となく二人で予言してみた。

最後に藤原島辺りを攻めてみると言う事で上陸。条件的には強い向かい風が当たっており、岸際には濁りが入っている。これは好条件と先ほどヒットのあった、よたよた君90mmの銀黒腹オレンジをセットして、徐々に移動しながらの数投目にヒット。

P5170075.jpg


久々に朱鞠内湖のサクラマスを釣った気がする。

キャストを続行するが、気が付くと空には怪しい雲が立ちこめていて、頭の上に何か堅い物が空から落ちて来た。ヒョウだった。10分もすれば止むだろうとフ-ドを被り待機する。更に雷も鳴り出した・・・・・予言的中~で急いでロッドを置いた。

P5170076.jpg


待機するしまやんさん。

それでは、ヒョウ動画をど~ぞ~!!




10分すれば止む予言は適中せずに、ヒョウは次第に土砂降りに変わりジャンバーはずぶ濡れ状態。携帯で雨レーダーをチェックすると、この辺りは非常に強い雨が降っている状況。しかも動画をチェックするとここで停滞している模様。止む気配がないのでとりあえず出船してみるが、何と言う事か、雷が光ったら即座に鳴り響くというなまら恐いありさまで、あまりに危険な気がしたので弁天島に上陸。しまやんさんは雷動画を撮影している様子。ダムサイト横の林に明らかに今雷が落ちた。

釣りをしていると常に危険が付きまとう。いきなりの増水だったり深みに落ちるなど水に関わる事の他、山ではヒグマに出会ったりマムシに噛まれる、はたまたルートミスで遭難なども十分に考えられる。また車の運転も気を付けなければならない事柄だ。そんな危険を回避してこそ釣りライフはあると常に肝に銘じているつもりだが、この時はキチンとした服装をしなければならないと思った。普段着ているのはユ●●ロのジャケット。しかも防水性能が落ちまくった物だ。辛うじて中まではそれ程染み込んではこなかったが、インナーにまで雨が滲みてくれば体温の低下に繋がる。一応ジャケットの中は、フリースに機能素材のシャツと、綿は排除していたけどね。

次第に雷の間が開き始めた。雨は相変わらず降り続いているが、気が付くと幾分波のおさまりかけた湖面に一筋の道が・・・・・島中に歓喜の声が沸き上がった。

「神が我々に示された道ですな」

「出航しますか」

「そうしますか」

「大陸へ向けしゅっぱっーつ!!」

それでは、神が我々に示された道動画をど~ぞ~!!




我々を乗せたしまやん号は、朱鞠内漁協の管理棟へ続く道を辿り無事前浜へ到着。やれやれ。

今回はこれと言った釣果こそなかったけど、自分の中ではかなりスリリングで楽しい釣行だった。ボートフィッシングが特に新鮮で、また機会があれば是非やってみたいと思う。しかし、やはりイトウは苦手分野ですな。

おしまい。
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
2008年5月22日 オークション出品中
NEW Topics
うすうす君 活躍してます
やっとこ
自分で使うシングルフックは
トレブルフックなのかシングルフックなのか
リップ付けも完了して
seven2studo のWEB SITE 開設しました
今回は3色塗ってます。
'14 なまらフローティングミノー F1-50
2014年ハンドメイドルアー 釣り記録 その2〜3
13-14 【うすうす君】Model Bシリーズ 水中ムービー
Comment
960
大自然の驚異を堪能する釣行ご苦労様でした(笑)。それにしてもこの日はすごい天候でしたね。私も仕事で朝日町にいたのですが風が強くなり、空を見上げると上昇気流に乗って積乱雲がもくもくと上がっていく様子が観察できました。そして程なく大雨!雷!前日しまやんのHPで朱鞠内ボート釣行を確認していたので大丈夫かな?とちょっぴり心配していました。
ちなみに私はその日の朝に720studioさんとお会いした止水に行きましたが、先行者の多さに竿を出すのを断念しました。それにしてもあそこでぶっ込みして釣った魚はどうするのでしょうか・・・私なりの謎です。
翌日は短時間ながら朱鞠内でアメ、サクラ。遅い時間の方がいいような気がしました。

P.S.こちらのブログにリンクはらせていただいていいでしょうか?

961
●いらっしゃいませ、MIYAさん♪
なんだか一日でこの上なく色んな事を経験したような気がします(笑)日常の生活であの程度の雷ならば平気なんですが、やはり野外活動中、それも無人島に上陸中はヤバいっす。

某止水の調子はどうなんでしょうね~。また大雨で流入河川が大増水でもしたら行ってみたいです。ぶっ込み組の方々がリリースしているか、お持ち帰りなのかは謎ですが、昨年友人があそこで釣ったブラウンを食してみたそうですが、なかなか旨かったようですよ。

早速リンクさせていただきます。これからもよろしくお願いします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

720スタヂヲ

Author:720スタヂヲ
Hand Made Lure For Trout!
北海道発(^-^)

ハンドメイドルアーseven2studio WEB SITE
seven2studio SHOP
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
最近のトラックバック

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。