無料
本日の工程 | ハンドメイドルアー seven2studio BLOG
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトハンドメイドルアー  »  本日の工程
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ最近、カラーリング関係の工程が多くなかなか削り作業がはかどらないです。本日も明日からの2連チャンのカラーリングの準備に終始してしまいました。あとは、相棒NK氏から預かっていたフック32本にコーティングを施したこと。

実は我々は、リアルアイもハンドメ、フックもハンドメなのです。市販品でも良いのですが、なるべくルアーにジャストな物を使いたいですし、市販品はコスト面で高上がりになってしまいますので。

でも結局は手間がかかるので、厳密にコスト計算すると?が付いてしまいますがね。
スポンサーサイト
NEXT Entry
ハンドメイドルアー 無料プレゼント
NEW Topics
うすうす君 活躍してます
やっとこ
自分で使うシングルフックは
トレブルフックなのかシングルフックなのか
リップ付けも完了して
seven2studo のWEB SITE 開設しました
今回は3色塗ってます。
'14 なまらフローティングミノー F1-50
2014年ハンドメイドルアー 釣り記録 その2〜3
13-14 【うすうす君】Model Bシリーズ 水中ムービー
Comment
42
フックまでとは
はじめまして
東京の下町で自作ルアーを作っている
オヤジビルダーのdebuyaと申します。

検索中に発見して、拝見させていただきました。
フックまで自作とはすごいですね
っという事は、針金から作っていらっしゃるのですか?
私もかねがねアイやフックも自作したいとは
思っていたのですが、行き当たりばったりの
いい加減ビルダーですので、フックとアイは市販品です。
私は近所で釣れるシーバス狙いで製作しておりましたが
最近トラウト用も作り始めました。小さいヤツは
ゴマカシがきかず、難しいですね。
失敗の連続で、よさそうなのがなかなか出来ません。
管理人さんの記事、これからも楽しみにしております。


44
debuyaさんはじめまして!
フックは市販のちぬ針でシングルフックを作成しています。基本的にはキャッチ&リリースしてますので、トレブルで深く傷ついた魚をリリースしたくないからです。大型はそうでもないですが、小型は見るも無惨な口にしてしまった事ってないですか?
それに僕の主観かも知れないですが、「シングルだからバレた」と言う風には感じたことがなく、むしろしっかりフッキングしているように思います。
弱ってしまった魚は食べますけどね。
これからもよろしくお願いいたします。

51
そーでしたか
チヌ針でしたか、まったくの早合点でした。
ハリ自作は焼き入れ等があり難しいですよね。

シングルフックですが、マス類の場合はほとんど
現在の傾向としてはシングルバーブレスっという
感じになってますね。
確かにシングルだからバレるということは
私もないと思います。
ただ、シーバス釣りの場合はジギングなどを除いては
トレブルになってしまいます。
キャッチ&イート派ではあるのですが、私の近所は環境的に無理があるので
ほとんどリリースです。小さいやつが釣れて再生することが
無理そうなのは、持ち帰って料理します。
たまに吐き気を催すほど美味しくないときがあります。(笑)



57
シーバスにトレブル使用というのは、何か理由あるのですか?シーバスは釣れる環境にないので、参考までに教えてもらえませんか?あとよろしければ、よくく釣れるカラーとか、ルアーの動きとかあればそちらも。

そうですね、僕も釣ったら食べたいですが、環境が厳しかったりしますよね。吐き気を催す不味さは困ったものですね(笑)

71
羨ましい環境ですね
こんばんは。
管理人さんは北海道にお住まいのようですが、いろいろな情報からすると
確かにシーバスはほとんどいないらしいですね。
ですが、こちらでは味わえないターゲットが多くあり、とれも羨ましく思います。

>シーバスにトレブル使用というのは、何か理由あるのですか?

フッキング率が違うからだと思います。
バスなんかもそうなんですが、口の大きな魚ではシングルではどうしても
”すっぽぬけ”が多くなってしまうことと、ショートバイトでのフッキングを
よくするためだと思います。あと私見ではありますが、シーバスは少なくなったと
いわれてはいますが、渓魚に比べては圧倒的に多いし
限られたフィールドで数も少ない渓魚を 大事にしようとすることは、当然のなりゆ
きでしょう。
故に魚に対するスタンスの違いがあるように思われます。
それでも最近はシーバスアングラーもバーブレスと
キャッチ&リリースは浸透しているようです。

>よく釣れるカラーとか、ルアーの動き

マス類でもそうだと思うのですが、これだ!っというカラーはなく
いろいろな状況によって変わると思います。濁り時には派手な色
クリアーな時にはナチュラル系といわれていますが、捕食してる
ベイトによっても変わるでしょう。有名なカラーといえば、レッドヘッド
イワシ(カタクチやマイワシ)、赤金、黒金、ホログラムやアルミ貼り
などですね。ピンクやチャート系も経験上きくときがあります。
動きに関しては、これこそ状況によって変わりますね
バチなんかを捕食しているときは、小魚をイメージさせているルアーには
見向きもしません。あと大型の魚には、割と動きがおとなしめのほうが
いいと言う人もいます。私は大きいのあまり釣っていないので
詳しい事はわかりません。(笑

私は釣り暦30年以上ですが、ルアーに目覚めたのは日韓W杯のころからで
初心者の域を脱してはいないので、たいした経験も知識もありません。
よって上に書いた内容に関して、エキスパートの方からみれば鼻で笑われるかも
しれません。

72
なるほど、なるほど、参考になりました。テレビで見たことしかない魚なので、一度は釣ってみたいですよね~。見ていて楽しそうですもん。

鱒類でも例えば、イトウであれば、「ラパラじゃなきゃ駄目!」とか「スプーンがいいべや!」とか色々ありますので、それと同じ話なのでしょうか。

どんな釣りでもそうでしょうが、ルアーフィッシングもまた、試行錯誤と努力が実を結ぶのですね。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

720スタヂヲ

Author:720スタヂヲ
Hand Made Lure For Trout!
北海道発(^-^)

ハンドメイドルアーseven2studio WEB SITE
seven2studio SHOP
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
最近のトラックバック

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。