無料
2008年ハンドメイドルアー テスト釣り記録  その40  ~続き~ | ハンドメイドルアー seven2studio BLOG
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト2008年ハンドメイドルアー 釣り記録  »  2008年ハンドメイドルアー テスト釣り記録  その40  ~続き~
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P8120102_1.jpg

前回の続きは、いかに!

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ

↑いつもポチィをありがとう。
初めてこの川を訪れたのは10年くらい前。ヤマベの餌釣りで入渓したのが最初で、その後にルアーに傾倒し始めた頃にこの大きな淵でサクラマスの群れを見た。小型のスプーンを使うと適当にヤマベが釣れたりユグイが釣れたりで、楽しかったのを思い出す。最初にこの川でニジマスを釣ったのもこの淵だったが、その数年後に驚くべき個体を目撃したのだ。あれは9月の初めで、この淵には産卵で集結したサクラマスが真っ赤はボディーで群れ泳いでいた。その様子を無謀にも写真に納めようと朝から粘っていたのだが、その群れの中にサクラマス以上の大きさのニジマスがいたのだ。陸からはっきりとその美しいボディーが見えて、興奮したのを覚えている。サクラマスのボスと思われる雄で恐らくは70cm以上はあったのじゃないかと思うが、その雄のサクラマスに負けないサイズだった。群れのサクラマスのアベレージが50cm位だとすれば、その推測は間違っていないと思う。明らかに大きいのだ。その光景を目撃してからというもの毎年この淵を訪れて、ルアーを投げてみるのだがそう簡単に釣れる訳はない。あの70cmニジマス以外にも大型のニジマスはいて、チャレンジするも毎回この淵では敗退。唯一釣れた大型は予想もしていなかった53cmのアメマス。毎回この淵では驚く話があるのだが、それほど魚の密度が濃く自然が豊富という事だろうか。

P8120099_1.jpg

その淵の下流にあった良い感じのトロ瀬に今回原稿に書いた成長していたニジマスがいたのだが、昨日書いた通りもはやそこは有望なポイントではなくなってしまったのだ。ニジマスに有望なポイントが無くなってしまったという事で、今回のタックルは5.6ftに1000番リール。ラインは黄色の5lbラインが本当は良かったのだが、多分20mも巻かさっていないはずだ。サブのスプールには昨年あのクリアーな淵を攻略すべく透明系の5lbラインが巻いてある。淵では黄色のラインを見ると魚が見切っているような気がして巻きかえてあったのだが、多分上流まで踏破するならあの淵は通過するのでこれで通す事にしていた。

そして大淵。サクラマスはターゲットではない。ヤマベはミノーについてくるだけで中々喰わない。アメマスは稀な出来事で残るはニジマス達という事になるが、そう簡単に喰う訳ないのだ。なぜこの小さな川に住み着いているのかは正確なところはわからないが、とにかくこの川のニジマス達は美しい。しかし一度もこの淵のニジマスがルアーにアタックしてきた事はない。今年の正月に書いたエントリー、2008年の目標の中で、

トップの写真の淵で毎年見かける特大レインボーに口を使わせてみたいものだ。

こう書いたが正にそれがこの淵なのだ。

しかし今日は何かいつもと違って、ニジマスが微かにだがルアーに反応するのだ。70mmのよたよた君から始まり、80mmスリムと流していずれも喰わないにしても反応する。チョロチョロと泳いでいる新子ヤマベを追い回したりもしている。明らかにこれは餌を探しているのだろう。50mmの新作スリムシンキングをニジマスの目の前を通過させてみた。僅かに追った。次にカラーの問題もあるかもと唯一ナチュラルなヤマベに塗ったシンキングを、派手にトゥイッチさせながら目の前を通過させてみると、追っては来たがやっぱり喰わずにUターン。ここまで10回程そのニジマス相手にキャストをしたが、気がついたのはミノーが着水した時に反応することだ。そしてミノーの潜行深度にもよって、追いの深さが違う。

場を休めるために、念のためキャストの邪魔になる草を踏み固めた。邪魔な枝も、こちらの気配を感じさせないように数本折った。幸いサクラマスの群れは散っていない。55mmシンキングを再びニジマスの目の前に着水させる。リトリーブしないでシェイキングを絡ませながら、フォーリングさせる。ジッとそのニジマスはシンキングミノーを見ていたが、ある深さに到達した時に大きく口を開けた。そして何の違和感も無く喰らいついたのだ。しかし、ロッドに重みを感じないしニジマスもごく普通にしている。外れかなと思いながらもアワセを入れた。次の瞬間にやっと針が食込んだのかニジマスが首振りを始め、いきなり猛ダッシュで住処と思われる深場目指して走り出した。渓流専用の1000番リールからあれよあれよと言う間にラインが出て行く。5.6ftのロッドも当然根元から折れそうなくらいに曲がっている。トンでもないものを掛けてしまったものだと、半ば諦めつつも勝負する。出て行くラインを少しでも減らすために、走らせつつも指でスプールを軽く押さえて耐える。ここでラインを巻いては絶対に切られる事間違いない。

対岸の深場目指して走っていたニジマスが、今度はこちら側の柳の密集している辺りに走る。足場は草を踏み固めた足下のみ。あとはウエーディングするしかないのだが、足下はドン深で僅かに岩が張り出している。このままの体勢ではあの枝にラインを巻かれてラインブレイク間違いなし。意を決してその僅かな足場を提供してくれる岩に乗った。軽く腰以上に深さがあったが、まだルアーも外れずにラインの先にはニジマスがいるようだ。ムシムシとした空気の中、体全体が緊張で固くなるが、ここで勝負に出ては負けだ。再び出てくるのを待っていると、オモムロに淵の中間辺りに出て派手なジャンプ一発。そしてグングンと首を振るのがロッドに伝わる。何度か走られるが無駄なリーリングはせず奴が疲れるのを待った。動きが大人しくなり、勝負所だとロッドを何とか煽って寄せにかかる。抵抗はするが先ほどまでのパワーは感じられなくなり、次第にこちらに有利な状況になったが油断は出来ない。幸運だったのはいつものデカランディングネットを持ってきていた事。射程範囲に入ったときに一度目のランディング。しかし、失敗。思ったよりデカイのだ。再び走られたがすぐ寄せられた。そして遂に2度目のランディングで勝負はついたのだ。

P8120090_2.jpg

遂にこの淵で勝負出来た。サイズは65cmの立派なニジマス。

P8120024_1.jpg

今年のプレゼントルアーになるのは、この55mmのシンキングミノー。

P8120057_1.jpg

背中のグリーンも美しく、

P8120061_1.jpg

油鰭すら立派。

遂にこの淵でニジマスと勝負出来た。そして新年の目標も達成出来、しかもサイズは自己新記録の65cm。何より嬉しいのは愛竿のスミスの5.6ftで勝負出来た事。このロッドとは本当に相性が良くて、想い出がありすぎる。そしてリールも初代シマノ・バイオマスターmg。トラブルも無く良く働いてくれた。全てが今日は自分に味方してくれた気がして、これで満足。この川の神様に感謝して、再びジャングルをくぐり抜けて車へ戻るのだった。ジャングルを抜けると一気に暑さが体を襲った。

それでは65cmニジマス動画をど~ぞ~!




スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
65cmのニジマスとの戦い
NEW Topics
うすうす君 活躍してます
やっとこ
自分で使うシングルフックは
トレブルフックなのかシングルフックなのか
リップ付けも完了して
seven2studo のWEB SITE 開設しました
今回は3色塗ってます。
'14 なまらフローティングミノー F1-50
2014年ハンドメイドルアー 釣り記録 その2〜3
13-14 【うすうす君】Model Bシリーズ 水中ムービー
Entry TAG
ニジマス   ヤマベ   アメマス  
Comment
1048
素晴らしい!
うぉー!!
もう眠くなってきてしょぼしょぼな目でネットしてたら、スーパーレインボー発見!
すっかり眠気も吹っ飛びましたよ。
65cmとは・・・しかもライトなタックルで・・・
凄すぎるー
雑誌掲載に引き続きおめでとうございます!

1049
ありがたや~
凄いです、見事なデカニジ様!
モニターの前で拝んでしまいました。
ありがたやありがたや・・・

しかし、場所、時期、ルアーとプロセスを積み上げて
淵で釣った結果ですので、瀬の出会い頭の魚とはまた違って、
狙って釣った価値がありますね。
恐れ入谷の鬼子母神です。
おめでとうございます!

1050
なんて!デカイ怪物なんでしょうか!!。
羨ましい限りです!!。
「うすうす君」に言わせればこれくらいは、
当たり前田のクラッカーでしょう!!。

1051
凄い!虹鱒ですねー
なかなか口を使わないデカ虹鱒を狙って食わせるテクとやり取りが難しい渓流でのランディングテク、さすがですねー!

次は70オーバーといきましょう!!

1052
素晴らしい!2
お久しぶりです。
いや~、迫力満点のニジマスですね。特に背中フェチの私は、3枚目の画像に感動です(笑)。
そして、目標達成おめでとうございます!

1053
●いらっしゃいませ、ブルーさん♪
しょぼ目で発見してくれて、ありがとうございますw 今回はヤマベ狙いで、5.6ftロッドに1000番リールで5lbのウルトラライトなタックルってことで、かなり危うい気はしましたが、何とかかんとかランディング出来てラッキーでした。

1054
●いらっしゃいませ、 しまやんさん♪
ナムナム・・・・・お盆ですからな~。考えたらこれほど魚の行動を見ながら釣ったのって初めてかも知れません。淵の中が丸見えで本当にサイトフィッシングだったもんで、スリリングではありました。

1055
●いらっしゃいませ、本当はフライマンさん♪
いやいや、まだまだこれくらいでは怪物とは言えないようですよ~。巷には最近78cmだの75cm釣ったなんて話が囁かれてますから。

ちなみに今回のミノーは、うすうす君ではないですよ~。

1056
●いらっしゃいませ、シゲさん♪
さぁさぁシゲさんも次は70cmですよ~。これからまた、あの川の季節が来るのでお互いに頑張りましょう!

1057
●いらっしゃいませ、cassioさん♪
お久しぶりです。ちょこちょこ覗かせてもらっていますよ。思えばcassioさんの新春の目標エントリーに触発されて、書いたんでしたよねw  背中って良いですよね~筋肉の発達具合が見れると言うか、意外と迫力を感じる事が出来ます。写真では体高があまり感じられないのが残念ですが、これまた凄かったですよ。峰藤子並みでしたwww

1058
ご無沙汰しております!
やぃやぃや!良いの出ましたね!
自己新記録おめでとうございます♪^^
狙って獲ってみたいですねぇ~。
羨ましいですわぁ!!
56ロッド5lbラインで65cmのニジ、主導権はナシですよね^^;私も違う魚種で経験ありますけど・・・
何より、おめでとうございます!!!

1059
●いらっしゃいませ、tfさん♪
ご無沙汰しています。そしてありがとうございます。ニジマスでこのサイズっうのは今回は期待もしてなくて、ウルトラライトのタックルでの勝負でしたが、いやぁ~獲れるもんですね。益々、愛着の湧くタックル達になりました。まぁ、でもハンドメイドやっていて良かったとつくづく思ってます。

1061
赤いほっぺ
出遅れました。
こんにちは。
ミノーをガップリ加えた口元。
真っ赤なほっぺ
迫力ある背中。

すごく魅力的なニジマスですね。
かっこいいです。

プレゼントルアーなるものがあるのですか?
応募してみようかな。。。

1067
●いらっしゃいませ、TAMAkenさん♪
逞しいフォルムに真っ赤なフォルム・・・・・当日もう少し太陽の光があったならもう少し綺麗な写真が撮れただろうと思うと残念でなりません。

プレゼントルアーの応募方法は、実際にルアーが完成したら発表するつもりなので、期待していてください。現在アルミも貼って、数回のディッピング完了しているのでもうすぐです・・・・・多分、きっと・・・・・

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

720スタヂヲ

Author:720スタヂヲ
Hand Made Lure For Trout!
北海道発(^-^)

ハンドメイドルアーseven2studio WEB SITE
seven2studio SHOP
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
最近のトラックバック

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。