無料
種沢をさがせ! その4 | ハンドメイドルアー seven2studio BLOG
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト魚たち  »  種沢をさがせ! その4
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P8260023_1.jpg

岩魚沢の季節。

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ

↑いつもポチィをありがとう。

釣りを始めてから10年余りで、サケ、カラフトマスは勿論、サクラマスやニジマスが産卵床を掘る姿は度々見ているけど、イワナに関しては未だに見た事がない。本流の釣りをしていて推測されるのは、やはりこれからの季節が濃厚なのかと思い、イワナが沢山いる川へ行ってみた。

最寄りの場所に車を置いて沢を登り始めてみると、足下に小さな黒い影が散っていく。結構魚は豊富なのだが、釣り人の足跡も結構ある川。ルアーをいい感じのポイントに通してみても、出てくるのは50mmや60mmのミノーと同サイズばかりが追ってくる。まれにそれよりは大きな影も追ってくるが、時間は13時と丁度釣れない時間と言う事もあってかパクリとミノーを銜えるものはいない。それでも水深のある瀬では綺麗な小ニジちゃんが釣れた。

P8260015_1.jpg

60mmの超フローティングミノーの小ニジマスカラーに小ニジちゃん。このミノーはこの上のないフローティング。結構良い感じ。

核心部以外ではミノーを送り込む事無くひたすら遡行していくと、やがて川が函の中を流れる様になる。ここからが大場所の続く場所で、産卵しそうな場所では未だにイワナを見ていないので、きっと多分こんな水深のある場所で溜まっているのだろうと予測を立てる。流れ込み目掛けて、うすうす君ピンクをキャストしてリーリング。やはりイワナやアメマスはここにいた。しばらくお目にかかっていないあの背中の模様が追ってきたのだ。サイズは多分50cm前後。よくよくその溜まりの底を覗いてみると、結構イワナらしき魚体が確認出来る。なるほどと、それ以上はキャストせずに遡行する。

次の大場所でも数回イワナらしき魚体が確認出来たが口は使わない。釣れたのはやはり小ニジマスちゃんとユグイ君。

P8260022_1.jpg

ミノーよりも小型のスプーンが釣れる確率が高かった。

これからの秋シーズン、アメマスやイワナが大きな流れで釣れだすのは10月後半からで、きっとそれまではこのような流れで産卵をしているのだろう。今回は産卵床を掘る姿は確認出来なかったので時期的にはもう少し後なのかな。

スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
プレゼントルアーの出来るまで ~2008年~  その9
NEW Topics
うすうす君 活躍してます
やっとこ
自分で使うシングルフックは
トレブルフックなのかシングルフックなのか
リップ付けも完了して
seven2studo のWEB SITE 開設しました
今回は3色塗ってます。
'14 なまらフローティングミノー F1-50
2014年ハンドメイドルアー 釣り記録 その2〜3
13-14 【うすうす君】Model Bシリーズ 水中ムービー
Comment
1125
ちょくちょく見ています。いつもアップ感服します。僕も頑張ります。もう寒いので風邪などに気をつけて下さい。応援しています。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

720スタヂヲ

Author:720スタヂヲ
Hand Made Lure For Trout!
北海道発(^-^)

ハンドメイドルアーseven2studio WEB SITE
seven2studio SHOP
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のトラックバック

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。