無料
2008年ハンドメイドルアー テスト 釣り記録 その58 | ハンドメイドルアー seven2studio BLOG
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト2008年ハンドメイドルアー 釣り記録  »  2008年ハンドメイドルアー テスト 釣り記録 その58
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PA150002_1.jpg

2008年10月16日

天気:晴れ
気温:16℃
水温:11℃

冬の気配はいかに!

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ

↑いつもポチィをありがとう。

今日から二連休。明日は【チーム平日】のミーティングがあるので、本日は近場でまったりと釣りをしようと起床は7時で、張り替えたばかりのウエーディングシューズのフェルトのよぶんを切り取り、朝食後にゆっくりと釣り場へ向かう。途中川を見ようと河原へ出ると白鳥一家が対岸に見える。

PA160015_1.jpg

この近くには白鳥が集う人造河川がありこの辺りは白鳥が多いのだが、こうして本物の川にいるのを見る事は少ない気がする。間もなくこちらを警戒して飛び立ったのだが、白鳥をこの辺りで目撃するとそろそろ平地で雪が降るはずなのだ。近郊の紅葉も終盤を迎えており、場所に寄ってはかなり葉を落とした木が目立ち始めている。

川も落ち葉が目立ち始めていて、結構な頻度でミノーに葉っぱが引っかかって来てうざい。水温10℃前半ではニジマスは瀬に入っているのだろうか、疑問に感じつつも豪快な瀬を中心に攻める。空は秋晴れの良い天気、これで一発デカニジでも出れば満足なのだが、最初に来たのは40cmを切るくらいのニジマス、足下でバラス。岩周りをしつこく攻めていると、90mmのミノーの後ろに明らかなデカニジがついて来て、しかしUターン。このところこの90mmミノーが活躍しているが、足下に落ちていたドジョウのサイズを見て納得。

PA160010_1.jpg

ミノーと同じくらいのドジョウの死骸。きっとこんなのがベイトとなっているのだろう。

同じ場所で粘ると再び先ほどと同じと思われるデカニジが再び足下でUターン。その後はここでは音無。上流の瀬へ移動する。かなりの豪快な瀬は変化に富んで、スリル満点の釣りを約束してくれるに違いないと、先ほどのドジョウをイメージして、横アイの90mm銀黒にチェンジ。ダウンクロスで釣り下るとヒット。

PA160028_1.jpg

35cm位のニジマス。

このミノーにチェンジしてから、たまに同型のチェイスがあるが喰わない。水温も低いので活性があまりよろしくないのか、それとも腕が悪いのか?とにかくニジマスシーズンもそろそろ終盤なのだ。




スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
2008年ハンドメイドルアー テスト 釣り記録 その59
NEW Topics
うすうす君 活躍してます
やっとこ
自分で使うシングルフックは
トレブルフックなのかシングルフックなのか
リップ付けも完了して
seven2studo のWEB SITE 開設しました
今回は3色塗ってます。
'14 なまらフローティングミノー F1-50
2014年ハンドメイドルアー 釣り記録 その2〜3
13-14 【うすうす君】Model Bシリーズ 水中ムービー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

720スタヂヲ

Author:720スタヂヲ
Hand Made Lure For Trout!
北海道発(^-^)

ハンドメイドルアーseven2studio WEB SITE
seven2studio SHOP
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近のトラックバック

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。