無料
2008年ハンドメイドルアー テスト 釣り記録 その59 | ハンドメイドルアー seven2studio BLOG
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト2008年ハンドメイドルアー 釣り記録  »  2008年ハンドメイドルアー テスト 釣り記録 その59
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PA170012_1.jpg

2008年10月17日

天気:晴れ
気温:-5℃~16℃
風:無風たまに微風
水温:14℃

朱鞠内湖のチーム平日はいかに!

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ

↑いつもポチィをありがとう。
前回の朱鞠内湖釣行が本来のポイントへ行けず、更にこの上ない強風で思うような釣りが出来ずにかなり欲求不満。一週間経たないうちに再び来てしまった。今回のメンバーはBlog番外地のWRXさん、Lure Evolutionのシゲさん。このお二方となった。WRXさんは昨年90cm旧のイトウをこの地で獲ったお方、シゲさんは現住所に移る前には結構朱鞠内湖に通っていたそうで、お二方とも何かと朱鞠内湖にはご縁がある様で。で、今回も北側の渡船で未開の地をさまよう予定。今回は全員が平日休みな職業だが、なかなか平日休み同士ってのも休日が合わないもの。普段は一人の釣行が多いので結構楽しみなんだよね、釣行を一緒にしてくれる人が居るってのは。

午前5時30分集合と言う事で、前夜自分は車中泊。午前1時位には集合場所へ着いたが、辺りが暗くて結構怖かったりする。ウイスキーをチビリとやり寝袋に収まり寝るが、小一時間程で寒さで目が覚める。エラい寒いと思ったら、朝になって集結したWRXさんに『-5℃しかないもん』と言われるw
前回同様渡船で向かう訳だが、今回は非常に良く晴れる予感。綺麗な朝焼けの中上陸地点へ向かってもらった。上陸してみるとなかなか広大にポイントが広がっている様子。見た事のない朱鞠内湖の風景にワクワクする。

PA170030_1.jpg

早速鴨の群れが飛び交う広大な朱鞠内湖でロッドを振るWRXさん。

PA170031_1.jpg

-5℃と言う事で、当然霜も降りている。

さて、ここは広大なので、とりあえず今回は体力のある朝のうちに行ける所まで歩いてポイントの開拓をしようと試みる。上陸地点は遠浅の浜と言った感じ。その隣は岩がゴロゴロの広大なワンド。ここが結構朝のうちはワカサギがウロウロしている様で、魚の気配が濃厚で良い感じ。だが足早に見切りを付けて奥へ移動。またしても遠浅の浜がありその隣には沢が流れ込んで小さなワンドを形成している。ここが期待の場所かと一応それなりに粘ってみたが、それほど深さがないようなので隣の岬目指してひたすら歩く。するとここにも小沢が流れ込んでいて、こちらの方が深さも広さもあり期待大。

まずは沢の流れ込みから始めてみるが、ここでサクラマスが岸際で90mmの銀黒ミノーを喰い損ねた。うむ、これは居るなと対岸川へ渡るがどうも水面に自分の影が映り込んでしまうので、再び対岸へ戻る。変更越しにブレイクを見つけて、魚の付き場をイメージしてキャストを繰り返す。少しだけウエーディングしたい感じがしたので、水音を極力立てない様に水に入ってみる。思ったよりも冷たくはなく、逆に低い気温に晒されている上半身が寒く感じる。朽ち果てた立木が雰囲気を作っている朱鞠内湖だが、今日は靄もかかっていてその雰囲気が更に良い感じ。ミノーを11cmのよたよた君銀黒腹オレンジにチェンジして数回ブレイク沿いをリトリーブする。早めのリーリングでやや大きめにジャークを入れてやると、グググンっと押さえ込むようなアタリですかさずロッドを煽る。すると大きな魚体がジャンプした。おお~これはまさしくイトウ。ジィーーーとドラグを鳴らし暴れるが程なくして、スミスGTR8.6ftのバットが勝った。

PA170058_1.jpg

65cmのイトウ。これでやっと自分の制作したミノーでイトウが釣れたとご満悦。結構イトウには憧れては居るのだけど、なんか苦手なんだよね~。釣り方がようわからないと言うか。今まで釣れたイトウも狙って釣ったと言う達成感はなく、今回やっとと言う感じ。来年はもっと夢中かもw

ここのポイント、人間の足跡はなかった様に思うが、熊の足跡はあったのでここへ来る方は要注意で。

もう少し写真を撮りたかったが、イトウ様が早々にお帰りになられたので、WRXさんとガレ場目指して打ちながら戻る。空は青空で気温も丁度良い感じ。不満は鏡のような湖面ではあったが、ガレバが近づくにつれてやや微風気味になって来た。このガレ場ポイントに丁度風が吹く感じで期待は十分持てる。ワンドの中間辺りにはシゲさんがいて、ロッドを振っているとそのシゲさんに異変が!急いでシゲさんの所へ向かうが、岩ゴロゴロで歩きづらく大変だが、シゲさんのネット頼むコールがあったので頑張る!

PA170077_1.jpg

見事70cm丁度位のイトウ様。やっぱりのシュガーミノースリムで釣れたようだ。

ここで暫くキャストを続けるが、次第にもとの鏡になった事もあり昼食タイム。三人でカップヌードルとシャウエッセンを食すが、これがちょっと失敗だったかもしれないのだ。その間再び微風が吹き始めていたのだ。案の定食後にはその微風も止み再び鏡に。で、予定より早めに迎えが来てしまったのだ。

何となく物足りないまま船を降りたが、シゲさんはここで帰宅で、WRXさんと取水へ移動。既に2人
釣り人は入っていたが、それにしてもここも無反応で小一時間程で終了~。ま、本日は数年振りにイトウを釣ったので良しとして、昼寝をして帰宅する事にした。

PA170082_1.jpg

*朱鞠内湖は全域で熊の目撃が聞かれる釣り場なので、行かれる方はご注意を!


それでは毎度おなじみの動画をど~ぞ~!








スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
2008年ハンドメイドルアー テスト 釣り記録 その60
NEW Topics
うすうす君 活躍してます
やっとこ
自分で使うシングルフックは
トレブルフックなのかシングルフックなのか
リップ付けも完了して
seven2studo のWEB SITE 開設しました
今回は3色塗ってます。
'14 なまらフローティングミノー F1-50
2014年ハンドメイドルアー 釣り記録 その2〜3
13-14 【うすうす君】Model Bシリーズ 水中ムービー
Entry TAG
イトウ   朱鞠内湖  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

720スタヂヲ

Author:720スタヂヲ
Hand Made Lure For Trout!
北海道発(^-^)

ハンドメイドルアーseven2studio WEB SITE
seven2studio SHOP
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のトラックバック

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。