無料
2009年 ハンドメイドルアー・テスト釣り記録 その29 | ハンドメイドルアー seven2studio BLOG
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト2009年ハンドメイドルアー 釣り記録  »  2009年 ハンドメイドルアー・テスト釣り記録 その29
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P8060016_3.jpg

2009年8月11日

天気:晴れ
気温:30℃
風:微風
水温:20℃
水位:平水

真夏はいかに!

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ


ブログランキング参加中。
いつもクリックをありがとう♪
引き続き宗谷な川の探検。まだまだ探るべき区間を残しているので、とにかく新規開拓で目的の橋に車を停めて、大きなイタドリの林の中を歩き川へ降りる。まだ今のところはガスがかかって気温もそれほど高くはないが、あと一時間もすれば一気に晴れ渡り気温もかなり高くなるはず。橋の上流は前回探ったので今回は下流へ釣り下るのだが思いのほか深場がなく、ひたすら浅い流れが続いている。

小1時間程経つと案の定日差しが強くなって、かなりの暑さになった。前回同様20cm台のニジマスがボサ下からポイントごとに出てくるが、やはり大場所がないせいかサイズは伸びず。時期的なものなのかやはりダウンで流すと反応が悪く、アップで流した方が魚の出は良くて、釣り下りなのにアップで攻めるというおかしな釣りの展開。

だいぶ釣り下り次第に山が近くなって深場がやっと出てきたが、今度は河原が皆無になってしまったのでアップの釣りは難しく次第に釣果は下がってしまった。しかしやはり大場所には大物が潜んでいるようで、時折チェイスしてはくるもののバイトにまでは至らず。あまりの深さにこれ以上の川通しの釣りは困難なので、目的の橋が見えた辺りで脱渓。再びイタドリ林をひたすら歩いて、橋の上に出て川を覗くといかにも怪しいポイントがそこにはあった。

次回はここから釣り上がろう。

で、帰り道に腰にぶら下げてあったプライヤーがケースごと無くなっていることに気がついた。一体1年に何本無くせば気が済むのだろう。

P8110077_3.jpg
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
2009年 ハンドメイドルアー・テスト釣り記録 その30
NEW Topics
うすうす君 活躍してます
やっとこ
自分で使うシングルフックは
トレブルフックなのかシングルフックなのか
リップ付けも完了して
seven2studo のWEB SITE 開設しました
今回は3色塗ってます。
'14 なまらフローティングミノー F1-50
2014年ハンドメイドルアー 釣り記録 その2〜3
13-14 【うすうす君】Model Bシリーズ 水中ムービー
Comment
1235
落し物は切ないですよね~

俺も1年に3~5回はかなり落ち込む物を落とします。
去年は財布に車の鍵、ネットと、自作フライ100本程入ったケース、スプーン沢山・・・・と金がいくらあっても足りません・・・
落し物をしない方法があれば良いのですが・・・


1236
●いらっしゃいませ、shu-ranさん♪
そうです、流れないタイプありますよ。色々試してみてください。

昨年はプラヤーを4本程落としておりまして、ほんと勘弁してほしいです。財布や鍵はズボンの中なので、ぜ~ったいに落とさないはずなんですが、用心、用心。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

720スタヂヲ

Author:720スタヂヲ
Hand Made Lure For Trout!
北海道発(^-^)

ハンドメイドルアーseven2studio WEB SITE
seven2studio SHOP
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
最近のトラックバック

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。