無料
ハンドメイドルアー テスト釣り記録27 | ハンドメイドルアー seven2studio BLOG
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト2006年ハンドメイドルアー 釣り記録  »  ハンドメイドルアー テスト釣り記録27
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年9月7日

天気:雨
気温:14.1~19.4℃
風:やや強い
水温:少し冷たかったかな?
水位:不明

イワナの川大釣行記、結果は如何に!

1.jpg


にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ

にほんブログ村 トラコミュ ルアーによる渓流釣りへ
ルアーによる渓流釣り

久々の720studio_nk氏との釣行。今回はイワナだらけの川へ行って来ました。前日は
良い天気だったのに、すっかり雨模様。この川に初めて訪れたのが約8年前なのですが、雨に当たら無かった事はまずありません。霧雨に低温あまり条件は良くないかも知れませんが、とりあえず川を覗きます。この川は下流にダム湖がありますが、その下流域ではヤマベも釣れます。本当はヤマベの顔も拝みたかったのですが、生憎ダムの濁り水が流れていて状態は良くありません。今日は上流域を集中的に攻めます。

8-2.jpg


今年の春先の大水せいか川のあちらこちらに倒木があります。去年もこの時期に来ているのですが、その時は前年の強風で倒れたであろう木があちらこちらに。多分意外と森が貧弱なのかも知れませんね。水もやや濁っています。

降り続く雨で手が悴んできます。魚の追いはあるのですがバイトまでには至りません。このところめっきり寒くなったのでそのせいだと思いつつキャストを繰り返し遡行、この川の第一の難関?倒木ダムに辿り着きます。古い橋桁の残骸が四つほど残されていたのですが、そこに倒木が折り重なりビーバーのダムのようになっています。決して水は溜まってはいませんが。その倒木の下には必ずや大物が潜んでいると果敢にチャレンジし、ヒット!イワナのようなアメマスのような、微妙な奴が釣れました。

4


去年はこの倒木と橋桁の絡みで、40アップのイワナを釣り上げていたので若干物足りないですが、その美しい魚体に満足して、更に上流を目指します。時間が経ってもあまり活性が高くないのは同じで、なかなかヒットまで持ち込めないのですが何とか7~8匹は釣っていよいよ核心部へ突入。先ほどまですぐ横を通っていた林道がやや離れ出すこの界隈からが本日のメインフィールド。きっと魚も濃いであろうと期待をしていると、やはりヒットが続きます。

シンキング6cmミノーでヒット!

4


【うすうす君】でもヒット!

5.jpg


フローティング5.5cmでもヒット!

6.jpg


一通りのミノーでヒットに持ち込むことが出来ました。今年は小さな渓流でも6cm前後を中心にローテーションしていますが、去年4cm中心で攻めていた時よりもサイズ的には多い目が釣れるようなきがします。平均すると25cm前後がアベレージでしょうか?最小で9cm程。

川底も段々と岩盤の中を流れるようになりそれなりに落差も出て、両側は崖になっています。トップの白黒写真のような古い橋桁が出てくると何か不気味な感じもします。雨もやや小降りになってきて活性も上がりだし釣果も25匹程になります。720studio_nk氏も着々と釣果アップを狙い遂に43cmのイワナをゲット!それにこの川では珍しい30cm程のニジマスもゲットしていました。

10.jpg


それにしてもどんどんアメマスっぽい魚がイワナらしくなってきます。そして本日の最大魚の38cmが、一回目のUターンの後カラーチェンジでヒット!抜群のアピール力の【うすうす君】は今年のMVP
になることでしょう。

6


それにしても良く釣れます。

7.jpg


ここのイワナは決まって腹が黄色かったりします。これは何故なのでしょう?

9.jpg


昼食も摂らず朝6時30分頃から始めた釣りも既に2時を廻りました。720studio_nk氏も満足げな顔をしています。多分ここまで3キロ以上は歩いています。そろそろ戻らないと暗くなってしまうので、雨の上がった渓を足早に車まで急ぐのでした。

11.jpg

スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
サンル川~自然観察会
NEW Topics
うすうす君 活躍してます
やっとこ
自分で使うシングルフックは
トレブルフックなのかシングルフックなのか
リップ付けも完了して
seven2studo のWEB SITE 開設しました
今回は3色塗ってます。
'14 なまらフローティングミノー F1-50
2014年ハンドメイドルアー 釣り記録 その2〜3
13-14 【うすうす君】Model Bシリーズ 水中ムービー
Entry TAG
ハンドメイドルアー   ミノー   渓流   イワナ   ヤマメ   アメマス  
Comment
327
こんにちは
う、羨ましい。爆釣ですネー。
こんだけ釣れたら、笑いが止まりませんネ。

ところで、最初のモノクロの写真に
写っているのは何なのでしょう?

328
流れのミノーの本領発揮ですね♪
斑点が大きいような小さいような、変わった感じですね。でも、黄色い腹は岩魚っぽくていいですね。
それにしても、ニジマス君はどんどん勢力を広げているようですね。

329
いらっしゃいませ、釣志さん!
それでも10時間歩いた結果が40匹前後なので、この川にしてみたら、渋い結果かもしれませんよ。1つのポイントで2~3匹は当たり前の川ですから。

写真に写っているのは、多分昔の林道に掛かっていた橋桁だと思います。林業で栄えた町なので山奥までずっと林道が走っているのです。また近くに鉱山もあったようですね。100年そこそこの北海道の歴史にも色々あるのです。

いらっしゃいませ、tammyさん!
イワナやヤマベって川によって色々個性があって良いですよね。写真では分かりづらいかも知れませんが、ボディにうっすらパーマークが残っている物が多かったように思います。

在来種が生き延びている川にニジマスはあまり増えて欲しくはないですが、いない川ではウエルカム・ニジマスですね。

330
す・素晴らしい~!そしてサイズがデカイ!
アメマスとイワナの違いが俺にはよく分からないのですが教えてください。うむうむ。

やはり自分で作ったルアーに魚たちがファイトしてくる快感は爽快なのでしょうね~。報われますね。
写真も良い感じです。

331
いらっしゃいませ、アンドレさん!
アメマスとイワナの違いは一般的には白斑点の大きさが瞳位だとアメマスと言いますよね。一概にそうとは言えないような気もしますが、アメマスは銀毛が強い気がします。一番最初の写真はアメマスっぽいいですが、パーマークがウッスラ見えたりもします。下流にダムがあるので、行き来しているのかも知れませんね。

同じ魚なのでどっちでもいい気もします。個人的にはイワナと呼ぶ方が好きです。

332
はじめまして。
「岩魚だらけの川」そそられますね!そろそろ、渓流はシーズンも終盤、私も頑張って行かなくては~また遊びに寄らせて頂きます。

333
はじめまして、ぬまっちさん!
北海道は禁漁期間がないにしても、渓流域は特に落ち葉で釣りにならないのでナチュラル禁漁期に突入します。大河川や湖は何とかなりますが、寒いので面倒になり自主規制禁漁と言うのもありますね。
さてさてお互い残り短いシーズンを充実させましょうね。

また遊びに来てください。

334
(。・ω・)ノ゙
お見舞いのコメント、ありがとうございました
ご心配をおかけしましたが、おかげ様で
元気に復活致しました♪
これからも宜しくお願いします(* ̄▽ ̄*)ノ"

モノクロの写真も趣きがあっていいですね
それしても連日連勝、本当に羨ましい限りです
最後のお写真は、wsさん?nkさん?

335
いらっしゃいませ、きょんたさん!
ぽんぽんは完治しました?無理をなさらないでくださいね。

本格的なモノクロ写真も興味ありますね~。いつかチャレンジしてみたいものです。

最後の写真は僕ですよ。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

720スタヂヲ

Author:720スタヂヲ
Hand Made Lure For Trout!
北海道発(^-^)

ハンドメイドルアーseven2studio WEB SITE
seven2studio SHOP
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のトラックバック

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。