無料
サンル川~自然観察会 | ハンドメイドルアー seven2studio BLOG
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトあれこれ  »  サンル川~自然観察会
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年9月10日

サンル川を守る会information

下川町で開かれた自然観察会に参加してきました。サクラマスの観察会です。
普段釣りをしていて、特に良く釣れた日や大きな魚が釣れたときに考えることがあります。

いつまでこうして釣りを続けることが出来るのだろう?

自分の体力健康も勿論ですが、この環境がいつまで保全されているのかが非常に気になります。少なくとも釣りとは魚やその他自然を少なからず傷つける遊びなので、あまり偉そうな事も言えませんがいつまでも釣りが出来る環境が残っていて次世代に受け継がれると良いなと思っております。

この日は12時30分集合だったのですが、一足早くお気に入りの観察ポイントに行って来ました。そこは大きな淵が形成されていてクルージングを観察するにはもってこいの場所なのです。何カ所か見れる場所を知っていますが、ここがベストでしょう。毎年サクラマスが20~30匹位は見ることが出来るのですが、今年はあまり遡上していないのかそれとも既に産卵場所まで行ってしまったのか、多分10匹前後でしょうか?それでも時折「ドボーン!」と跳ねを見せてくれます。小一時間ほどここで観察していました。

さて【下川自然を考える会】主催の自然観察会ですが多分30人前後の参加者です。毎年この時期に道北の名川【サンル川】のサクラマスの産卵行動を観察するこの会、なかなか仕事との折り合いがつかず始めての参加です。今年道北に引っ越ししてきた友人も参加です。三カ所観察場所を移動しましたが、やはりいつもの年よりは遡上が少ないようです。

200609101329000.jpg

橋の上から産卵床を掘っているサクラマスを観察


200609101418000.jpg

サンル川の支流の滝壺で観察


200609101415000.jpg

滝壺の中に潜むサクラマス、ヤマベの観察


200609101353001.jpg

講演会も開かれました


200609101411000.jpg

下川町在住の漫画家【はた万次郎】さんの一言


1-2.jpg

はた万次郎さんデザインのピンバッチとTシャツも購入。ピンバッチは釣り用キャップに早速装着。Tシャツは協賛の【Patagonia】の製品です。


200609101450000.jpg

サクラマスが少なく残念でしたが、カラス貝の意外な一面を知ったり有意義な時間を過ごせました。



未だサクラマスが河口から200キロ以上も遡上してくるサンル川。ここに今ダム建設をする予定があります。洪水調整や水道水の確保、観光資源が建設の理由のようですが実際の話この川にダムを造ってその効果は得られるものなのでしょうか?少なくとも釣り人の視点で言えばもうこれ以上不健全な川は必要ないです。殆ど当てにならない洪水調整や観光資源の為にこの美しい川を失って良いのでしょうか?

これからも恥ずかしい釣り人にならない為に機会があればこのような催しに参加するつもりです。
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
オンラインアルバム~試験運用
NEW Topics
うすうす君 活躍してます
やっとこ
自分で使うシングルフックは
トレブルフックなのかシングルフックなのか
リップ付けも完了して
seven2studo のWEB SITE 開設しました
今回は3色塗ってます。
'14 なまらフローティングミノー F1-50
2014年ハンドメイドルアー 釣り記録 その2〜3
13-14 【うすうす君】Model Bシリーズ 水中ムービー
Entry TAG
サンル川   ヤマメ   サクラマス   下川自然を考える会  
Comment
336
観察会行ってきたんですね。
上流部でのクルージング、ペアリングは感慨深いものがありますよね。
まぁ、大それた事言うつもりも無いけど、産卵場所が無かったら、自然の再生産は出来ないですからね。一度途切れた再生産は復活もしないですからね。
ゴルフ場やダム湖を見て『自然は良い!』なんて感覚を持たされてること自体から始めなきゃならんのでしょうね。

338
(。・ω・)ノ゙
今回は深く感銘を受け、又深く考えさせられました

ひとつめは、釣り人のマナー向上
以前、大事にしていたイカのポイントが本に載った為
心ない人が多数訪れ、酷く荒らされた事があります
怒った漁協の方がその場所を封鎖してしまいました

もうひとつは、公共事業という名の自然破壊
私の祖父母の家の土地も、ダム開発の為二束三文の
値段で買い叩かれ、なんの役のも立たないダムと道が
作られました
結局、徳をしたのは事業に参加した業者だけ

もうそろそろ自然と共存する事を、人は学ぶべきだと
思います
私もこの様な会に出席する機会があったら、ぜひ参加
してみたいと思います

339
いらっしゃいませ、tammyさん♪
産卵場所が無いと言うことは、人間に置き換えてみるとベッドと産婦人科がないに等しいことですからね~深刻な問題ですよね。

いらっしゃいませ、きょんたさん♪
地の底から魚が沸いてくるような環境があれば、100でも200でも魚を持ってきて良いと思いますが、そんなことはないですからね~無駄な殺生は慎みたいものです。観察会を開いてくださった方々の熱心な姿には学ぶべきものが沢山ありましたよ。是非機会があれば、参加してみてくださいね。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

720スタヂヲ

Author:720スタヂヲ
Hand Made Lure For Trout!
北海道発(^-^)

ハンドメイドルアーseven2studio WEB SITE
seven2studio SHOP
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近のトラックバック

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。